今、箪笥や押し入れに眠っている作品・掛軸などはありませんか?  

~ 書き下ろしの作品や古い掛軸・和洋額・屏風 修復・直しetc. ~

☆★  表装のあらゆるお悩み解決します。是非ご相談ください!!  ★☆
四国88ヶ所巡礼の掛軸・和額・屏風・つい立も出来ます
 
 
 

 
熟練した職人の暖かみのある手作りの品

 


 
屏風は、風を防ぎ室礼や装飾に用いられた調度品です。昔は来客や行事の際に季節に合った屏風を立てて部屋を演出するのが常でした。屏風の種類は二曲・四曲・六曲と茶の湯に用いる風呂先・利休形などが代表的です。当社では屏風をはじめ各種衝立も用途やお好みに応じて規格外のサイズも幅広く対応しています。
 

1、紙蝶番


 
格子に胴張りという作業を行い、強靱な楮紙を用いて紙蝶番を作ります。

2、袋張り


下袋を張った後に上袋を張り、作品が受ける乾湿による反りを抑えます。

3、表張り


裂や鳥の子を張り込みます。その後箔加工や大べりを廻す作業をします。作品張り込みがある場合はこの時に行います。

4、椽つけ


作品や裂を張り込んだ後、木地ものや塗り物の椽を付けます。
お客様の要望があれば金具を付けます。

5、仕上げ


作品と全体の仕上がりをチェックし、作品が擦れないように保護の紙を挟んで箱に入れて完成となります。

担当部署紹介

「お客様のニーズに応えます!」
屏風・衝立の表装や古いものの仕立て直し・展覧会用のリースなどを行っています。一口に"屏風"といっても大きさによって大勝手・利久・風呂先など色々なサイズがあります。またスペース・お客様の要望や作品に合わせた寸法の仕立ても行います。現在は、箔加工や料紙等の研究を進めながら、より良い商品を提供出来るように日々努力しています。

創業40年の“東洋額装”100年企業を目指します!~