今、箪笥や押し入れに眠っている作品・掛軸などはありませんか?  

~ 書き下ろしの作品や古い掛軸・和洋額・屏風 修復・直しetc. ~

☆★  表装のあらゆるお悩み解決します。是非ご相談ください!!  ★☆
四国88ヶ所巡礼の掛軸・和額・屏風・つい立も出来ます
 
 
 

 
こだわりの作品を職人が仕上げます


 
額は江戸時代中期頃から書画が武家や僧侶などの特別な階層の専有物ではなく一般庶民よりごく身近なものとして広がり、表装も盛んに行われるようになりました。
当社では額の大きさ・素材・形・裂の色合い、そしてフラット・浮かし・沈みなどの作品の仕様まで、すべてお客様のご希望通りに、1点1点貴方だけの作品になるように仕上げます。もちろん作業はすべて職人の手により手がけられています。
 

 
 

 
当社オリジナルの額で職人技が光ります


 
額は、掛軸や屏風以上に住空間の変化や発展に影響を受けています。
洋風建築の流行や見直されている茶室建築や数寄屋建築、それらを折喪した現代建築など様々な住空間やニーズに合わせて、当社オリジナル額とオーダーメイドでの額の製造に対応しています。中でも銘木を使用した額に力を入れています。
 

1、額の発注


お客様の要望に沿うように作品の内容や本紙の色などに合わせて額の注文(発注)をします。

2、裏打ち


作品の汚れなどをチェックし、裏打ちをします。裏打ちした作品を仮張りに張り込んで乾燥させます。

3、裂決め


仕上がった額と本紙・裂を合わせ、お客様の要望に添うように決めていきます。

4、張り込み


額の中パネル・面金などに裂・作品を張り込みます。

5、仕上げ


額椽にアクリル・中パネルを入れ、固定します。仕上がり最終チェックをし、完成となります。

 

新額担当紹介

「世界にひとつだけの額」
新額は社員全員が1級表具師の資格を持つ熟練工の集団です。お客様からお預かりした"大切な作品"を1点1点丹精込めて表具をしています。日頃の経験を生かし職人の匠の技と熱意・工夫と人の和でお客様に感動を与え、喜んで頂く仕事を目指し日々努力しています。真剣な取り組みの中にも笑いの絶えないアットホームな雰囲気でお互いを高め合える職場です。

1、木取り


 
原材料の中から、注文に応じて額の大きさ・木地あい等を考慮して材料を必要な長さ・太さに木取りします。

2、型取り


木取りした材料を指定の椽の形に型取りします。

3、組み立て


型取りした椽をつなぎ合わせて額の形にします。角のつなぎ目になる部分に「ちぎり」という板を入れて補強します。

4、A.蝋(ロウ)引き


A.蝋引き
木地(生地)ものの額は、研磨後「ロウ引き」という作業をします。ロウをかけることによって木地本来の木目の美しさを引き出し、光沢を持たせることが出来ます。

  B.塗装


B.塗装
研磨後、額を指定の色に仕上げます。木目を少し残す"薄塗"と木地の色が透けないように下塗・本塗をする"上塗"があります。

5、椽完成


椽の仕上がり具合をチェック、中パネル等を作成して新額へ納品します。

 

担当部署紹介

「こだわりの手作り」
神代杉・黒柿・黒檀・紫檀などの銘木を使ったオリジナルの高級額を製作しています。
様々な銘木や材料を加工していく度毎に美しい木目が現れてきます。木屑まみれの中での楽しみです。1本1本の銘木の個性や特徴を生かし、大切にもの作りを行っていきます。今後も色々な材料を揃えていきながら、"当社オリジナル"の追求にこだわっていきます。

創業40年の“東洋額装”100年企業を目指します!~